2013 / 06
<< 2013 / 05 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2013 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

籠り声聞きつつ結ぶ花篭のかたみに果てし夏の夜の夢

スポンサーサイト

声聞くや闇にほむらの猛り勃ち結ぶあやめのねに惑ひける

ねや近くはずれ(葉擦)の音のさやさやとさやぐ夕べに君を待つかな

江ノ島の弁財天の琵琶のねになける心のなぜに隠せる

武蔵野の逃水追ひて面影のしろしろ見ゆるよをすぐすかな

幾夜かは月をあはれとながめけるいくよと君の声聞きつるも

コメントの積み重なるやその思ひ溢れて濡れて君に溺るる

期せずして出会ひしえにし尊きに深く刻まる一期の思ひ

遠ければ滅多に逢へぬ君ゆゑに思ひの丈ぞふみに余れる

和妙(にきたえ)の白きころもを纏ひたるはだへ恋しき夏の宵かな

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。