2013 / 02
<< 2013 / 01 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - 2013 / 03 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今一度別れ惜しみて手繰り寄せ絡めし指ぞ更にいとしき

スポンサーサイト

二人ゐる写真と共に貼られたる晴れの日付の記念の半券

春の鳥叫(ひめ)き渡れる並木路桜吹雪に君は染まれり

冬の芽はやがて咲く時待ちつつも内にみなぎる思いを隠す

各樣の道はあれども踏み出だす新たな道は君とひとすぢ

春風は甘い溜息頬を撫で若葉きらめき面影揺れる

君の目に映る新芽は色付いて恋の予感に膨らんでいた

今年も椋さんを追走して100首詠みたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。