2012 / 06
<< 2012 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2012 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汝(な)と我と一つに溶くる心地して甘き緑の風になぶらる

スポンサーサイト

時間(とき)惜しみ君を抱(いだ)かむ愛(は)しければ南無精根の尽き果つるとも

手文庫に納む留め書読み返す君待つ朝の踊れる心

二人寐(ぬ)る狭き臥榻(ぐわたふ)に悦びの夢限りなく乱れ髪撫づ

蛍籠放てば闇に融け行ける君の肌(はだへ)の仄めく真赭(ますほ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。